イクメン応援事例 奥山 友勝 さんの場合

株式会社伊藤熱処理
奥山 友勝 さん

奥山 友勝 さん育児の大変さを身をもって知る事ができ、自然と妻をサポートできるようになりました。

育児休業を取得しようと考えた理由は?

初めての育児という事もあり、妻一人では大変だと考え、育児休暇を取得しました。

妻(家族)の反応は?

もし、1人で育児をスタートしていたら、慣れるまで時間がかかったと感謝されました。

取得した感想は?(取得中・仕事復帰後)

育児の大変さを身をもって知る事ができて、育児は妻に任せっきりではなく、夫婦2人でやっていく事だとわかり良かったです。

同僚の反応は?

「自分の時も育児休暇を取得しよう」という人がみられたようでした。

やまがたのパパ達へメッセージをお願いします。

育児を知る事で自然と妻をサポートできると思います。その事で夫婦生活も円満になるのではないでしょうか。