11月は「乳幼児突然死症候群(SIDS)」の対策強化月間です。

「乳幼児突然死症候群(SIDS)」は、それまで元気だった赤ちゃんが事故や窒息ではなく、睡眠中に突然死亡する病気です。令和元年の1年間には全国で78名の乳幼児がSIDSで亡くなっています。

SIDSは12月以降の冬期に発症しやすい傾向があることから、厚生労働省では11月を「乳幼児突然死症候群(SIDS)」の対策強化月間としています。SIDSによる赤ちゃんの死亡を減らしましょう。SIDSの原因は、まだわかっていませんが、発症率を低くする3つのポイントは、

  1. 1歳になるまでは、寝かせる時はあおむけに寝かせる
  2. できるだけ母乳で育てる
  3. 保護者等はたばこをやめる

と言われています。詳しくはこちらをご覧ください

♪子育てについては、「子育て世代包括支援センター」にお気軽にご相談ください。各市町村の「子育て世代包括支援センター」はこちらから→https://kosodate.pref.yamagata.jp/archives/2855

♬山形県では妊娠・出産・子育てについて「メール相談」を行っています。ママやパパ、ご家族と赤ちゃんのちょっとした悩みや気がかりをメールでご相談できます。ぜひご利用ください。メール相談はこちらからどうぞ→https://kosodate.pref.yamagata.jp/consultation